複数言語をまとめて依頼|翻訳のサービスで世界の距離が縮まる|腕前はプロ級
男女

翻訳のサービスで世界の距離が縮まる|腕前はプロ級

複数言語をまとめて依頼

女性

マニュアルなどの文書

マニュアルは操作説明や手引きという意味がありますが、日本国内の電気メーカーやOA機器メーカーなどの製品は、日本国内だけではなく海外に輸出が行われています。電気製品やOA機器に費用な文書類や取り扱い説明書などのマニュアル類というのは英語圏では英文での翻訳が必要になります。また、英語以外にもドイツ語やフランス語、イタリア語、フランス語、オランダ語といった多言語翻訳が必要になるケースが多くあります。多言語翻訳というのは、原文を複数の言語に翻訳を行う事を意味しており、日本国内や英語圏のみ場合とは違い、翻訳言語数も多くなります。翻訳会社の中には多言語翻訳を可能にしている所が多くなっていますが、多言語翻訳の大半がアウトソースされていると言います。

技術要素が高い翻訳

多言語翻訳の中でも専門知識が必要な翻訳の場合には、実績を持つ翻訳会社を選ぶ事が大切です。翻訳会社というと、自社内で翻訳をするといったイメージを持たれている企業担当者も多いかと思われます。しかし、専門性が必要な事、翻訳言語数が多いなどの理由から、世界中にいる外注者に対して翻訳の依頼が行われているケースが多くあります。例えば、医療と法律という専門翻訳の場合、原文を理解する能力と対応言語のスキルというものが求められるため、社外でのスタッフによる翻訳が必要になって来るという事です。尚、翻訳会社を選ぶ時には、対応可能な言語がニーズに合っているのか、そして翻訳を行う原文がどのようなジャンルのものであるのか、これらの条件を満たしている会社を選ぶ事が大切です。